セス・ゴーディン:我々がリードする部族という考え方

ses

セス・ゴーディンは、
「我々がリードする部族」という考え方を紹介しています。

つまり、
インターネットがマスマーケティングに終止符を打ち、
遠い過去から存在する人間の集団「部族」を再生させたという。

セス・ゴーディンは、
私たちに変化の動きを作り出せ、と元気づけています。

部族は、
そのメンバーにすぎない普通の人たちが、
共通のアイデアと価値に基づいて、
大きな変化をリードし実現させる力をもっている、という。

一つの部族が、
似たような価値観を持つ他の部族へ影響を与え、
その部族は、さらに別の部族へと、伝播していく。

これは、古代から発展してきた、
人と人とのつながりです。

現在は、テクノロジーを使って、
その伝播の速度が速まっているだけに過ぎないのです。

口コミ、
よりも影響力の大きい
Movement(うねりや運動)という表現をしています。

TED講演の録画ですが、
日本語字幕つきなので、
わかりやすいスピーチです。(17分)

 (TED講演動画)セス・ゴーディン:我々がリードする部族


この講演の中で、紫の牛、という紹介があります。
ベストセラーにもなった同名の著作の背景には、
このような試行があったんだ、と感心しました。

インターネットマーケティング TIPSを読む・・・


Powered By brainers

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です