倒産か、転身か

今年は、身近なマーケティング事例を学びながら、
マーケティングの考え方を紹介します。

製造業日本の中核として、工場は欠かせない役割ですが、
現在、多くの製造業が瀕死の状態です。

世界の工場、ものづくりの日本は、
何をどのように考え、実践していくのか。

ものづくりをするためには、何をどのように作るか、
部品材料だけでなく、工具、装置、
そして、設計や段取りが必要です。

第一弾は、倒産の危機を乗り越えた
工場長、水越さんの転身ストーリー。

2本指でキーボードを叩いていたほどの
パソコン音痴だった中高年の水越さん。

その水越さんは、
3カ月で月50万円、5カ月で月100万円、
半年で月200万円を稼げるようになるほどの
転身を遂げました。

元々、部品工場の社長を30年やっていた
水越さんですが、
その経験は、徹底した現場主義です。

その性格がネットビジネスでも最大限に
応用、活用されました。

毎日のように、トライ&エラーを重ねて、
何が問題でどう解決したらいいのかを
悩みながら解決して行きました。

どうやったらパソコン音痴のド素人でも
稼げるようになるのかを証明してくれたというので、
人気の講座としてまとめ公開されました。

そして、毎日やっている中で生まれた
驚くべき新しい手法も今回初公開されています。

第一話16分

■部品工場の社長からの酷な転身

水越は30年続いた部品工場の会社からどうやって
周りの反対を押し切ってネットビジネスに参入したのか?

60年近くも続いた静岡の田舎の仲間意識から
どうやって脱出し、過去の人間関係を断ち切ってきたのか?

そこには経営者人生30年続いた
水越式成功マインドがあったようです。

では、その水越式成功マインドとはどういうものか?
詳細は、
 水越隆之×吉村啓志のネットビジネス初心者講座      
  http://takeshitaka.com/acq/0101

無料動画を見るには、閲覧用の情報を受け取るために
メールアドレスの登録が必要です。

インターネットマーケティング TIPSを読む・・・


Powered By brainers

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする