少ない量の規程やマニュアル

少ない量の規程やマニュアルを売り物にしているコンサル会社があるようです。

マニュアルの量が多い、少ないにどのような価値があるのでしょうか、私には意味不明です。

ISMSやPMSというマネジメントシステムは、社員全員が関係する仕組みです、
社員だけでなく、敷地の内外で働く、関係会社、協力会社、取引先に及ぶ場合もあります。

だから、マニュアルのページ数の議論は、
 ページ数が少ない=簡単明瞭
ということを言いたいだけなのでしょう。

でも、リスクの低減に役立っているのでしょうか。
ただの飾りのため。

そもそも、そのようなマニュアルを作ってまで、認証の取得を必要とする会社なのでしょうか。

最近、空回りしているISO認証取得企業の話をよく聞くので、
ついつい、余分なことを考えてしまいます。

審査や監査を受託する場合に、
基本規程や実施マニュアル、付帯資料をみると、
その組織の大まかな経営の質の程度が想定できます。

どんなに立派な内容が書かれた規程でも、運用できなければ意味が無いわけです。
その規程を、自分たちで試行錯誤しながら作ったのであればまだしも、
コンサルタントから提供をうけたテンプレートをそのまま再利用している場合には。
空転するのがはじめからわかっているようなものです。

そこに投入するエネルギー、ムダではありませんか。

この経費削減、業務の優先度を絞り込んで、
会社の資源(人材、私設や設備、投資や経費)をつぎ込んでいるのだから、
できる限りのムダを省いた活動をしてほしい。

少ない量の規程やマニュアルは、私にとっては次元の異なるテーマです。

インターネットマーケティング TIPSを読む・・・


Powered By brainers

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする