Microsoftセキュリティホール情報、2012年7月11日「MS12-043~MS12-051」

2012年7月11日にリファレンス「MS12-043~MS12-051」として、

マイクロソフト社よりセキュリティホールの報告が9件ありました。

セキュリティホールとは、
パソコンの破壊や個人情報の漏洩・不正侵入などを許してしまうプログラムの内部の欠点のことです。

これらのセキュリティホールを残しておくと、
他人からパソコン内に不正な侵入をされ、個人情報が盗まれたり、パソコンが破壊されるといった被害にあう危険があります。

MicrosoftUpdateは、WindowsやOfficeを含むMicrosoft製品全体の修正プログラムを提供しています。

ご利用のパソコンのOSに合わせて、
今すぐMicrosoftUpdateを行い最新の修正プログラムをインストールするようお勧めします。

なぜならば、
攻撃者の立場を考えると明らかでしょう。

目の前に、弱みをもった獲物がいるわけです。
攻撃をすると簡単に落とせます。

緊急、重要とされるセキュリティホールは、
攻撃することで、大きな損害を与えることが可能になるからです。

インターネットマーケティング TIPSを読む・・・


Powered By brainers

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です