新型SNSのスーの可能性

新型SNSのスーの話題を見聞きするようになりました。
この新型SNSのスーについて、基本的な機能と感想をまとめてみました。

●基本機能
mixiのようなFacebook。紹介制のSNS
(これらの利用経験者は違和感無く利用できる)

●特徴
Googleアドセンスやスーが紹介するサービスの広告収益を利用者と配分する
しかも、収益の90%を利用者4世代でルールに基づき配分する。

従来のSNSは、広告収入はすべてサービス提供側が運営費として回収しています。

●成長性
新型SNSのスーは、始まったばかりなので、その潜在的な成長性は大です。

一方、従来のSNSは、すでに一定の会員数を確保していますので、
今後も継続して成長することは難しく、どのようにメリットを提供できるかが課題でしょう。

●SNSの利用目的
自己アピールのためのツールとしてスタートしたFacebookは、
いいね、シェアボタンを利用して、個人の存在や主張を宣伝する目的で利用します。

スー(tsu)では、どのような使い方や展開が期待できるか、未知数です。
アクセスが集まると広告がクリックされ、広告収益が分配されるということは、
収益確保を目的に参加する人も出てくるでしょう。

しかし、アクセスがないと広告はクリックされません。
Naverまとめなどのサービスと比較すると、
アクセス数に応じて、どの程度の収益が期待できるか想像できるでしょう。
多くはありません。

コンテンツ力によって、収益性が決まります。

このような新しいツールやサービスは、
初期の段階で評価が分かれます。

成長する、
役立つツール
vs
成長しない(利用者は増加しない)
役にたたない

一緒にこの新型SNSのスーの可能性について、
いろいろ試してみませんか。

インターネットマーケティング TIPSを読む・・・


Powered By brainers